趣味の一枚 その美学 両面江戸小紋

趣味の一枚 その美学 両面江戸小紋

江戸時代、武士の裃に使われていたのが江戸小紋の起源。
フォーマルなお席からお洒落着まで幅広くお召し頂けるアイテムです。

一色染め。シンプルで武家好みの上品な存在感。細かく緻密な柄で構成されるその表情は、遠目から見ると一見「無地」。近くに寄れば、まるで小宇宙の無数な柄が姿を現す、そんな奥ゆかしい美意識がつまった趣味性の高いお召しものです。

礼装用にお召しになる場合は一つ紋を入れ、略礼装として。
またお食事や観劇の席であれば、染めや織りのお洒落帯、遊び心ただよう小物をコーディネートして・・・

両面に染めなされた江戸小紋。

単衣でお召し頂く場合は生地の表裏で、江戸小紋の表情が異なる、趣きのある着姿をお楽しみ頂けます。
また袷でお召頂く場合はコーディネート用、江戸小紋柄の八掛けをお付けしてお仕立てを承ります。

両面江戸小紋
お誂えお仕立て上がり税込価格 98,000円(海外手縫い仕立て)
八掛:コーディネート用江戸小紋 3タイプ(お好きなお柄をセレクトできます)
生地 丹後ちりめん

表示の価格は税込価格です

両面江戸小紋 02 サムネイル 両面江戸小紋 03 サムネイル 両面江戸小紋 04 サムネイル

江戸小紋の両面柄は美しくモダンな8タイプをセレクト。各タイプ3配色で制作しました。

両面江戸小紋 見本