東京ますいわ屋 オリジナル訪問着 さゞれきぬ

東京ますいわ屋 創業70周年記念訪問着 さゞれきぬ 01

幸せを願う吉祥文様

家財や家族を守り、幸せをもたらす霊木「高野槇文」
不思議な力を宿して幸せを招く「三友文」
繁栄を表し、幸せを形作る「幸菱文」
さゞれきぬシリーズとして三柄の吉祥文様をご用意いたしました。



東京ますいわ屋 創業70周年記念訪問着 さゞれきぬ 02東京ますいわ屋 創業70周年記念訪問着 さゞれきぬ 04東京ますいわ屋 創業70周年記念訪問着 さゞれきぬ 03

(画像左から 高野槇文/三友文/幸菱 クリックで拡大します。)


東京ますいわ屋 創業70周年記念訪問着 さゞれきぬ 05 縫取りを唐織技法で表現

文様の部分だけを地糸とは違う金糸・銀糸などの経糸を通して柄を織り出す縫取り。この縫取りのきものを重厚で複雑な文様を織り上げる事ができる唐織技法を駆使して、あたかも刺繍の様に立体的に製織しました。


東京ますいわ屋 創業70周年記念訪問着 さゞれきぬ 06 世界最高の絹糸「ブラタク糸」

極細で美しい光沢と柔軟さを誇る世界最高の絹糸メーカー「ブラタク社」と提携し、希少価値の高い最高峰クラスの厳選された絹糸だけを使用。ドレープ感のあるしなやかな白生地を織り上げました。


さゞれきぬ


東京ますいわ屋 創業70周年記念訪問着 さゞれきぬ 高野槇文
高野槇文

「高野山に自生する霊木で、多くの水分を含み火災の延焼を防いで家財や家族を守ると伝えられます。
また、きものを着用した方の熱病や疾病を防ぐ無病息災・健康増進の象徴、一年中美しい緑色の葉をつける姿が凛として美しく、幸せをもたらす象徴とされています。


東京ますいわ屋 創業70周年記念訪問着 さゞれきぬ 三友文 三

戦国のヒロインお市の方の娘。
豊臣家へ嫁いだ淀君、京極家へ嫁いだお初、徳川家へ嫁いだお江の三姉妹。
その婚家の家紋、「桐」「菱」「葵」を意匠化しました。
松竹梅や雪月花などと同じように、三つの個性の妙なる組み合わせは、古来より不思議なパワーを宿して幸せを招き寄せると言われています。


東京ますいわ屋 創業70周年記念訪問着 さゞれきぬ 幸菱 幸菱

百花のさきがけ梅、人生の進展を彩る桜、生薬で秋の七草キキョウ、君子を象徴する高貴な菊、冬の寒さにおいても緑を保つ竹の葉、常緑で不老不死の松、四方に伸びる不断長久の唐草。この七つの吉祥文・草花で花菱を「幸」の字状に描いて形作りました。


京都・老舗染匠の高い染色技術

百数十年の歴史を歩む京都の老舗染匠が洗練織物に最適な染色技術を用いて、美しい彩りの「ぼかし染め」と「無地染め」を実現。
絹糸の芯まで染め上げる堅牢度の高い染色を施します。
3柄共に、色見本6色の中からお好きなお色でご注文をいただいてから染め上げます。
また、無地染めと共濃いのぼかし染めもお選びいただけます。

色見本

  繊細に映すやわらかな6配色をお選びしました。 東京ますいわ屋 創業70周年記念訪問着 さゞれきぬ 色見本

無地染め

お誂えお仕立て上がり税込価格270,000円(海外仕立て)

ぼかし染め

お誂えお仕立て上がり税込価格324,000円(海外仕立て)