Newsお知らせ

2020 1 22

紋屋井関「御寮織」展 開催のお知らせ

TOKYO MASUIWAYA 渋谷スクランブルスクエア店にて、

特別企画「御寮織」展を開催いたします。

 

…紋屋井関 御寮織とは…

まだ刺繍でしか紋様を描きだせなかった室町時代末期。

初代・井関七右衛門宗鱗が初めて紋織物を創案し、

1555年(元治元年)、空引機を使って複雑で精密な精緻な紋様を織り上げました。

 

井関家四代 昌庵が岡本尊行に紋織技術を伝授し、

そこから西陣織が始まったと伝えられ、西陣織の始祖とも呼ばれております。

 

以降、屋号の「紋屋」にこだわり、御寮織物司として宮廷や公家の装束、

将軍や大名の衣装を織り続け、明治時代を経て450年有余年にかけて

宮廷装束の基本、雅な心を守り伝えています。

 

今回は、エミール・ガレのガラス工芸美を精密な西陣織で再現した、

特別な帯を準備しました。

 

日本の職人技を感じることが出来る貴重な展示会です。

ぜひ店頭にて、実物をご覧ください。

 

 

○●特別企画「御寮織」展●○

日時:2020年1月23日(木)~26日(日)

AM10:00~PM9:00

場所:渋谷スクランブルスクエア 9F

TOKYO MASUIWAYA

※入場無料